乳首弱いんだ?

大きな声出ちゃった。恥ずかしい

彼女は目を逸らしながら答えます。

それを見ていると意地悪をしたい気持ちがさらに強くなり徹底的に乳首を責め立ててやりました。

下も触って

乳首で散々感じてしまった彼女は徐々に積極性を増してきておねだりをします。

言われた通りに片方の手を彼女のアソコに持っていくとなるほどもうビチョビチョになっています。

指を入れるとすんなりと飲みこまれてしまい、少し指を動かしただけでさらに汁が溢れてきました。

感じてるの?すごいことになってるよ

言わないで…

指を出し入れするたびに彼女は表情をゆがめて快感の波に耐えています。

乱れたところを見せて

そう言いながら激しく手マンをすると潮を吹いてイッてしまいました。

彼女を満足させた後はこちらの番です。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事