お漏らしプレイをしたい男のエッチな体験談。

SNSでカナエと会ったときの話をしようと思う。

カナエは最初から、セフレとは言わないまでも、性交渉の相手を探すためにSNSを使っていたようだった。

連絡を通じた中で意気投合し、夜をともにする約束をとりつけてから、実際に会うこととなった。

急発進である。

しかし、俺はそれだけでは満足できなかった。

おもらしフェチだった俺は、「せっかくならおもらしプレイがしたいので、事前におしっこを貯めてきておいてほしい」と頼んでみた。

もちろん最初は「えー」という感じだったが、別の機会にもう一度頼んでみると、最終的にノリで「いいよ(笑)」ということになった。

そして当日がやってきた。俺はわくわくして待ち合わせの駅へ向かった。

カナエはイメージしていたよりかわいかった。

年齢は21歳で、今はコンビニでバイトしているフリーターらしい。

絵を描くのが好きと言っていたので、もしかすると夢追い人かもしれない。

髪は若さあふれるショートヘア、少しぽっちゃり気味だがそれがまたかわいく、胸は巨乳。

かわいらしい白のスカート姿だった。

聞くところでは一人暮らしということだった。

俺の自宅は待ち合わせ駅から3、4駅ほど隣なので、そこに泊まるということで良いか、とは事前に聞いてあった。

しかし、待ち合わせ駅は、繁華街だったので、ご飯など食べるならこの駅がいいだろう、と思っていた。

おなかすいてる?

と聞くと

すいた〜何か食べよ!

とカナエ。

彼女の希望を聞いて軽めのフレンチレストランに入る。

カナエはワインが好きなようで、2、3杯は飲んでいた。

食べ終わり食後の酒を楽しんでしばらく経つと、彼女はもじもじしながら

ねえ、そろそろ家行かない?

と聞いてきた。

なんで?

と聞くと、彼女は少し黙っていたが

貯めといてって言われたから、昼ぐらいから行ってないの

どこに?

だから……お手洗い。ちょっとだけ、つらくなってきたかなって

私はその言葉に興奮を抑えられなかった。

彼女は本当におもらしプレイをしてくれるのだ!

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事