初対面で気持ちよくなってしまったエッチな体験談。

夏の足音が聞こえつつある、5月のとある木曜日の深夜。

私ーーかいりは、夜景が綺麗に見えると評判の高いシティホテルの一室で、Twitterを介して知り合い、今日顔を合わせたばかりの人と一緒にいた。

彼――あきらさんの、ムスコさんを咥えて。

……ああ、いいよ。フェラが上手だね、君は

気持ち、いいですか?

じゅるじゅる、ぺろぺろ。

うつ伏せで味わう私の頭を、あきらさんは膝立ちのままくしゃりと撫でてくれた。

私の小さな手など、すっぽり包み込んでしまう男の人の掌。

それが、頭を離れ、背中を辿り、ロングスカートの裾を捲り上げると、お尻の際どい箇所へ移動した。

大きな掌が、ゆっくりと、艶めかしい手つきで触れていく。

けれども、臀部の割れ目には触れることなく、わざと避けて愛撫していく。

ああん!……あ、んん、あきらさぁん

ふふ……。僕だけが気持ちいいのは不公平だと思ってね

は、……ぁあ……、気持ち、いい、んう

あきらさんの掌が絶妙なタッチで臀部に触れている。

奥の方にも触れてほしくて、私は腰を掌に擦り付ける。

掌の動きに合わせてゆらゆら揺れる様を見て、あきらさんが笑みを深くした。

かいりちゃん?腰が揺れてるよ?

あぁん、だって……、あきらさん、触って、くれなぃ、んん!

あきらさんのムスコさんをしゃぶりつつ私はそう言った。

それに対してあきらさんが答える。

触ってくれない、ってどこのことかな

ン……、だからぁ、私の、お尻の、ワレメの……あぁん、お××こに、触ってほしいの……

上目遣いで、ムスコさんを嘗め回しながら私はそう口にした。

ごくりと、あきらさんが、喉仏を上下させた気がした。

――と思ったら。

次ページへ続きます

ランキング
あなたにおすすめの記事