ゆきちゃんは暇つぶしで使っているそうです。

たまに夜に飲みいったらそのまま朝までコースもあるとか。

そんな話を聞かされたら、なんだかイケそうな気がしてきます。

試しに太ももを触ってみたら、そんなに嫌がらない。

そっと胸をツンツンしてみたら、流石に怒られましたが。

最初は嫌がられていたのも、お酒を飲むとだんだんガードが緩くなってきました。

逆に太ももをそっと撫でられ始めました。

結構きわどいところを攻めてくるので、ここは勝負とホテルに誘います。

ストレートすぎたかな?

って思いましたが、満面の笑みでOK。

ホテルに入ってからは、ベッドにも行かずディープキス。

背中から胸の方に手を伸ばすと、柔らかな膨らみが。

手に収まらない大きさに感動しながら揉みしだきました。

気づけば私のアソコはギンギンになっており、それに気づいた彼女が即フェラです。

よだれを垂らしながらのフェラは見ても楽しめます。

そうこうしているうちに、彼女も気分が高まってきたのか入れて欲しいと懇願されました。

ゆきちゃんのアソコを触ってみると愛液で濡れていて…彼女とてつもなく淫乱なようで触ってもいないのにびしょ濡れ。

ゴムをつけようとしていたら、生がいいのと言われてそのままズボりと。

久しぶりの生の感触に、1,2分ほどであっという間にイッてしまいました。

もちろん中出しです。興奮は覚めずに、そのまま2回戦。

もちろん射精は中。

こんな気持ちいいセックスは久々でした。

3回戦もしようと思いましたが、体力的にできず。

その後は二人でお風呂に入ったり映画を見たりしてそのまま就寝。

翌朝、寝起きに中出しをして解散しました。

欲望のままにセックスできて、とても楽しい一日でした。

会ったばかりの人とセックスをしている背徳感が病みつきになりそうです。

出会い系万歳!

オフパコ万歳!

ランキング
あなたにおすすめの記事