中学生の頃、初めてあたしは人前で自慰行為というものを経験してしまった。

紗雪26歳アルバイト、人前でというのは元彼の前でという意味です…

彼氏の前でだから、別に心の傷に残っているわけではないけれど…

でもでも…

でも…別れた相手の記憶に残っていると思うと、ちょっと損したような、自分のことを安売りしてしまったような…

そんな気持ちになりました…

そこからあたしの価値観は一気に変わって行くことに…

彼氏以外の男とも付き合ってみたいんだ…

なんていうことを考えだして、男友達とセフレの関係となっていった…

それはそれは都合のいい女というだけで、エッチをしたい時のみに、会いにきてた。

一度、セフレに拒絶したとき、怒って帰ってしまうことも…

壊れたあたしの性欲…おじさんにエッチなことをしてもらう…

男って、エッチを拒絶されるとどうしてそんなに怒って帰ってしまうのか、女である、あたしにはわからない…

セフレとも関係が悪化してしまい…

ついに…ひとりぼっちという状況に…

アローン、たったひとりの生活、そうして週末がやってきてしまった…

金曜日の夜になると、みんなが街に出かけてゆく。

遊び目的のために。週末にはじけて、来週にはまた真面目に働くため。

そんな金曜日の夜のこと、友人たちと食事へ、いわゆる女子会というもの。

ワイワイ騒ぎながら終えると、また一人きりに。

同性の友人が片思い中ということで、お酒に酔った勢いで彼に電話しちゃった…

そして、横にいたあたしに、出会い系を勧めてきた…

うーん、どうしよう…

と優柔不断に迷っているあたしの背中を押してきた友、彼女の考えというのは非常に楽観的だ。

出会い系サイトをやることに対して、特にネガティヴな理由が見当たらないということ。

友に背中をぽんぽんと押されて、あたしという女は、出会い系で遊んでしまう。

もちろん、サイトを利用するには、リアルで男にあってみた。

絶対おじさんがいいと狙いを定めた理由は、身分が判明してそうだから…

今時おじさんって言っても、若い風貌であった。

ちょっと白髪混ざりのおじさんとともに、ホテルへ入っていった。

彼はメタボ?なのか、お腹あたりのシャツが膨れ上がっている。

うーん、この人と絡むのか…と、ちょっと別の意味でドキドキとしていた。

ホテルの部屋の照明がメタボを隠していた。

彼の肌質はパンの粉のように白っぽくて繊細に見えた。

触れると、まるで女性的な感触で、あたしの筋肉質な体と比べてどちらが男か女かもわかんない。

はあ…なんだろう。

私って男化しているのかしら…

あたしっておじさんみたい?

そう自問自答しながら、ベットへ入る。

あなたにおすすめの記事