リサ25歳女子大生、一浪したのちに大学へ入学したために同級生の1歳違い。

共学に入学したというのに彼氏なし…

合コンでもいまいち…

最近の合コンは彼氏彼女候補を見つけるという目的ではなく、ただの飲み会にしか思えない…

そんなリサの悩みはというともちろん!彼氏ができないこと…

彼氏が欲しい。。

心中叫びながら出会い系サイトで行動を起こした。

彼氏候補は、もちろん社会人。

友人も学生ながら社会人とお付き合いしているとのこと。。

学生同士の付き合いって女子にとってはちょっと難しいというか、将来を描きにくいという面があるから…

そう、結婚。結婚に向けてスムーズにいくには、年上の男性が好ましい。。

そうこうしているうち出会い系サイトのある会社で、1人の男を見つけた。

外見はまあまあ…かなあ…北の男って感じ。

どちらかというと、南の男の方が好みだけれど…

あっさりした顔と長身、細身、こういうタイプの男性と出会い、お付き合いしたこともないからちょっと…

という感じで、彼とあたしはホテルへ行く前に、デートへ。

強引に迫る彼氏が欲しくて…でも彼は控えめだから私は…

南の男であれば、ホテルに直行すると思う。

もっとガツガツと積極的にきて欲しいのに。。

ちょっと、強引なくらいが女は好きだから…

ホテルでもやっぱり彼は大人しめ、控えめ。

わたしも実はおとなしい性格をしているのに、どうも釣り合いが取れないと思う。。

お互いが相手にリードしてもらうように取り計らっているから…

そういう風なので何もきまらない。

シャワー浴びてくる

口火を切り出したのはわたし。

気持ち的にシャワーを浴びることを口実に、気まずい空気から逃げたという感じだった。

シャー…シャワーのお湯が流れる音が響いた。

少しエッチな気分になってきて…

はあ。。ちょっと出来心から自分の指先をあそこの穴へと差し込む。

はあん…気持ちがいい…

立ったままの状態で1人で慰めた。

気持ちがいいわ…1人でも…

でもきっと、男とホテルにきていて、ひとりシャワー室にいることに興奮しているんだと思う…

はあはあ…このままでは…

切り上げてひとりバスタオルを巻いて部屋へと急ぐ。

すると彼はビデオに夢中になっていた…

周辺にはテイッシュ??

ああ、我慢できなかったのね…

あたしがシャワータイムに時間を費やしすぎたせいか、どうも遅かったみたい。

でも…とりあえず、あたしは彼にシャワーを進めてみた。

一緒に浴びよう

そう提案したのは彼で…

ちょっと強引なくらいがいいの…

そう、こういうのもいいかも…

と2人でシャワー室へと入った。

あなたにおすすめの記事