まいっちんぐマチ子先生っていう、エロ系の映画が大好きな彼氏は、いつもあたしにエッチの指南書を渡してくる…

そのエッチっていうのが…付き合いきれなくて…ちょっと…マンネリ気味に。

あたしの奥深くに眠るニーズに応えようと、もっと他にあるはず…

徐々に苦しさを覚えてきては…悩むように…

自由が欲しい…

その自由は彼氏以外の男との出会いがもたらすような気がしてた…

そして出会い系へ…手を出してゆく…

話なんて、どうでもよかった…

話相手なんて男に望むだけ無駄だ…

そういう確信を持ちながら、あたしは出会い系へと足を踏み出してゆく…

彼氏のエッチに飽きて出会い系を求めてみたけれど…

中年以降のおじさんというよりも、ちょい悪親父という印象を受けた、ある男。

中肉中背の背格好に、センター分けをしているヘアスタイルと、モテる要素は見当たらなかった…

でも…他には誰もいないから…という理由で、ホテルをオーケーした…

男は無言。

何も言わず、何もしゃべらず…お世辞1つも言えない。

そんな男に体を許すなんて、無駄の何物でもないと思った…

行動だけで進めてゆく男は、後ろから抱きついてきた…

愛しい女性を抱きしめるような抱擁ではなくて…

まるで、物を抱いているようなそんな抱きつき方で…

感情が湧いてこないままに、ワンピースを脱ぎ、そして下着姿になった…

2人の隣にあるベットに横になると、ブラジャーを剥ぎ取られた…

向きだしの胸、ピンク色の乳首がぽつんと目立つ…

むしゃぼるように乳首を求めて、しゃぶってきた…

男はその乳首を吸い付き、吸い付き、子供のように吸い付いていく。

ひとりだけずるいから、

あなたの方も洋服を脱いでよ…

などと口にすると、ようやく全身の服を脱ぎだすという始末。

目の前の男の裸を見ても、素敵とか、かっこいいとか、思わなかった…

ドキドキもしない理由は、好きじゃないから?かも…

ちょっと物理的距離をはかっている男、ベットで時間を持て余す女…

いまいち…

ちょっと白けたようなこの空気に耐えきれず…

彼のペニスを手にした…

小さなミミズという印象のペニス…

小さめの片手でも充分におさまってしまった。

手でして?

どういうこと?

ちょっと意地悪に応えてやった…

本当は、求められていることが何であるのか?

なんて、言われなくても、想像がついたけれど…

痛くない?

強くしたら痛いけど…本当何も知らないんだね…

そうじゃなくて…

話がかみ合わない…

そう思いながら…たんたんと彼と合わせてゆく…

そんな風にしていた…

健康体、色白、若い年齢、傷のない体、そういうものがもったいないと感じた…

あなたにおすすめの記事