おっぱい星人である俺。

理想のおっぱいとは…お椀型、垂れていない、外側を向いていない…乳首は小さめ、など。

アニメのうるせい奴らに登場している、ラムちゃんが理想だ。

理想と現実のギャップは大きく、理想マシュマロのようなおっぱいがいい。

そんなガールフレンドが1人いたのにセフレにもなってもらえずで…諦めるほかないのかと…

セフレ探しを目的にしながら、俺は出会い系でひたすら女を探していた。

とにかく女好きという俺は、俺は俺は…端から端までとりあえず味見をさせていただいた。

今時のロリコン娘、ギャル風、主婦、OLと。。

ギャルは最も抱きやすい。

おっぱいも成熟期を越しており、とてもエロかった。

ベットの上で俺は、彼女とまぐあい、一心同体になるようにおっぱいをもみこんだ。

グチャグチャと…

彼女の名前は、偽名かもしれないが愛理といって、愛理の胸は潰れそうなくらいに揉まれてしまった。

喘ぎ声すら聞こえず…

細い裸体を抱きしめて密着しあうセックス。

俺的にもっと、もっと…というように攻めたつもり。

一度この女を抱いてしまうともう、飽きてしまった。

もっと違う体を抱いてみたいという強い欲望のために、新たなターゲットを求めた…

今度はOLだ。

美女OLのおまんこをグチャグチャに濡らしてあげた体験談

主婦は旦那に散々抱かれているであろうと、予想できるためにその穴に入れたいとは思わない。

よっぽどの美人であれば別だけれど…

使い古された穴で満足できない。

ならば、OLの方が良い。

OLである美女とセックスがしてみたい…

綺麗なヘアスタイルを崩してしまい、乱れた髪の毛をぐしゃぐしゃに振り乱した姿がみたい。

口をポカンと開けて善がる顔の表情をみたい。

そう、思いながら…

彼女に脱いでもらった。

そのお姿は、エロい。。

洋服を脱いでもらう時の格好がエロかった。

スカートを下ろして、ストッキングを脱いだ。

生足をなめて見たくなり、彼女に飛びついた。

柔らかい肌に触れて、思わず胸を触る。

俺が求めていたのは、こういう初恋のような淡い気持ち。

ドキドキと胸が高鳴る…

高鳴る胸を抑えながらも、彼女の胸をつかんだ。

きゃあ…

と声が聞こえたものの…

俺的に耳に入ってこない…

ああ…ドキドキドキ…

えいっと彼女の両脚を開いた。

想像よりもずーと綺麗なかたち。

顔、外見に好みがあるように、あそこにも好印象があるものだ。

いい感じだ…

彼女の中から出てくるぬくもりのような空気を鼻で吸い込んだ。

クウウ…すごく気持ちが良い気分。女の特有の匂い、おまけにいい女の。

それから俺は夢中でクンニに励んだことはいうまでもない。

あなたにおすすめの記事