メイは夏休み中、ボーイフレンドとともに海へ遊びに出かけた…

そこで、野外エッチというシチュエーションを初体験。

メイはこのシチュエーションが気に入り、もう一度体験してみたくなった。

昨年のボーイフレンドとは一旦お別れをしているために、他の男を探し求めた。

でも…とりあえず一人きりで女のこが海へと出れば、男がナンパしてくるだろう…なんて都合のいいことを考えていた…

でもそれは…

やっぱり彼氏やボーイフレンドと海へ行きたい、そして誰もいない岩陰で密かに野外エッチを楽しんでいく…

という風に妄想していた…

夏の砂浜で気づかれないようにするエッチに絶頂

ああん…野外エッチなんてもうっ…たまんない…

水着の隙間からおっぱいがポロリと溢れ落ちて…

そして、パンティの隙間から男のペニスが挿入されてくる…

全身には風があたり、自然の中でエッチをしているみたい、まるで生まれたままの環境で快楽を得られる。

計画を練るだけで濡れてきちゃうメイは、誰もいない部屋でひとりエッチをしてみた。

はあん、誰も知らないあたしの秘部、自分の指先だけでも濡れてきちゃう…

はあ…ん…早く彼氏を作らなきゃ!

一夏の恋でもよかった。

ただエッチの思い出ができればそれで良い。

出会い系サイトで夏デートできそうな軽い男をさがしていると、結構該当していた…

どうやってえらぶか?趣味が合いそう、気が合いそう、エッチの嗜好?ビジュアル。。

悩んだ上で、気があいそうな男と連絡を取り合い何度かデートしてみることに。

焼肉デートの時、「海でエッチしてみたいんだ…」と伝えた。すると…

ああいいよ…今度行こうよ?」と意気投合。

8月の夏の日、あまり人気のない砂浜で2人デートすることに。

マキシワンピースの裾が砂で汚れ、裸足で海辺を歩いてゆく。

彼と岩陰の洞窟のような場所に隠れて密かにエッチをした…

はあ…ちょっと痛い…

スカートをシート代わりにして、その上でまじあった。

ああ、いやらしい。耳には波の音がザブーンと聞こえてくる…そうして、男の焼けた肌が目の前に押し寄せてきて、あたしは…

気がつくとおっぱいに彼は吸い付いていた。

くちゅう…すごく粘着質な吸い方で…はあ…ぺちゃくちゃあ…

乳首が勃起してるんじゃない?

そう言われて、乳首目をやると、確かにそこは大きく勃起している。

やだあ…屋外エッチだとこんな風に感じちゃうんだ…

あたしは自分の体のいやらしい反応に目を背けて見たくなった…

やだあ…エッチ…

はあ…海辺の岩陰に2人隠れてのエッチは、背徳感ですぐにいっちゃえた。

あなたにおすすめの記事