貧乳の私を愛してくれている夫がいるが、ほかの男性にも自分の胸の感想を聞いてみたくなった。

そして出会い系で浮気をすることにした。

夫の前では淑女だけど、浮気相手の前だと自由奔放な女になれるし、イッた後は満足感も大きいしぐっすりと休める。

ホテルは面倒くさいから、いつも男を連れ込んでいて、セックスのときに「丸見えだよ?気持いい?」と言われると最高に気持ちがいい。

自宅に男を連れ込んで、丸見えだよ?気持いい?と言われると最高に気持ちがいい

貧乳のあたしでも愛してくれている夫、でも一度自分の胸の感想を他の男に聞いてみたい。

そう思いながら出会い系で浮気することに。

いつも多くの人に囲まれていると、1人ふたりの遊び相手と出会ってもいいように思うし…

あっはん。。そこいいの…もっと舐めて欲しいの…

夫の前では淑女であるあたしも、浮気相手の前だと自由で奔放な女に戻ることができる…。

あっふおん…そこおー。いくいく、いっちゃうよー。

マリアはすぐに果てた、ぐったりとしたカラダをベットに委ねて、表情は明るく優しい。

いった後の満足しているときの表情そのもの。

そして、マリアの癖はいったあとはぐっすりとよく休めること。

この日も自分のベットで心ゆくまで寝むりについた。

ホテルでエッチするなんて面倒。

ホテルでのエッチは時間制だから、朝まで眠りにつくこともできないし、やっぱり家が一番。

マリアの部屋は夫の部屋でもあるというのに、マリアは夫の留守中に男を連れ混んでいた。

夫にばれても構わない、夫のことは愛していないから…

お金のため、生活のために結婚することに…

もしかして夫が録音機を仕掛けているかもしれない、そんなことも考えてみた。

それでもいいかも…

はあん。。気持ちいい。

ちゃぷん、ちゃぷん、という卑猥な音とともに出入りする男女の結合部分。

丸見えだよ?気持ちいい?おっきいの全部飲み込んでるよ

そんな風にいじめられることも、マリアには最高に気持ちいい一瞬。

はああん…すごくいい感じ…だよ。

おっきいのが入ってる感覚…

卑猥な言葉しか使っていない2人は、激しく激しく求めあった。

ぴちゃん…ぴちゃん…。マリアが上になり、自ら動いて出し入れしていく。

彼の先端部位を手で掴み、穴へと当てがう。

ああん…き、も、ち、い、い、の。。。

そうするようにしながらマリアの体は前のめりで倒れてゆく。

彼の方ははあはあと息切れするも、まるで運動でもした後のような爽快さをみせた。

男にとってエッチはただの運動みたいなものだから…。

女とは重みが違いすぎる。

だから女は滅多に体を許さない、何か特別な贈り物をしない限りは許してくれないのに、この子はこんな風に簡単に体を許してくれるんだ。。

出会い系サイトとは、ありがたいもの、男はそういう風に思っていた。その横で女であるマリアは快楽に酔っている。

女の快楽、性感帯、欲情、それは男には想像もつかないような欲求だろう。

マリアのエロい体と動きを眺めながら思っていた。

あなたにおすすめの記事