私は出会い系サイトで知り合ったけんと君に会うために駅前を訪れた。

けんと君は納豆が大好物らしく、乳房にたっぷりと納豆をかけてしゃぶりつきたい願望があるようだった。

周りにいる女性に頼んでも、嫌がって誰も納豆を乳房にかけさせてくれなかったようで、願望を叶えるために、PCMAXに登録したらしい。

私は興味本位でPCMAXに登録しただけだが、プロフィールに乳房に納豆をかけてもいい女性募集中と記載していたけんと君を見つけ、面白そうだと思ってメッセージを送ったのだ。

それからけんと君とは頻繁にメッセージをやりとりする仲にまで発展した。
ネバネバで乳首責めを受けた、私の初体験記
納豆でどんなプレイをしたいかについて語り合っていると、けんと君からやってみないかとメッセージが来た。

私はすぐにオーケーし、駅前で待ち合わせることになったのだ。

どんな人なんだろうと思いながら待っていると、爽やかな男性が辺りをキョロキョロと見回しながら駅前にやってくるのが見えた。

けんと君かな

そうだよ。それじゃ、俺の家に行こうか

うん

私は頷くと、けんと君の後について歩き出した。

家に到着すると、私とけんと君は服を脱いで全裸になった。それからけんと君は冷蔵庫を開けて納豆のパックを取り出した。

ちょっと準備するから待っててくれ

けんと君はそう言うと、パックを開け、タレとからしを入れて納豆を思いっきりかき混ぜた。徐々にネバネバ感が出てきた。

このくらいでいいかな。さあ、寝転んで

私は言われた通りに仰向けに寝転がった。

けんと君はネバネバの納豆を私の乳房にたっぷりとかけると、赤ちゃんみたいにしゃぶりついてきた。

けんと君は納豆を乳房に押し付けながら、舌で乳首や乳輪を舐め回してきた。

納豆ごと乳首を口に含むと、勢いよく吸ってきた。思ったよりも気持ちよくて乳首が立ったのを感じた。

パイズリしてもらおうかな

けんと君は言いながら、乳房の間にペニスを挟んできた。

私は納豆塗れの乳房を両手で動かし、パイズリを始めた。

乳房を動かすたび、納豆のネバネバがペニスに擦れてくちゅくちゅと音を鳴らした。

あっ、出る!

けんと君のペニスから精液が迸って顔にかかった。

いっぱい出たね

私はそう言うと、唇に付着した精液をペロリと舐めた。

けんと君は冷蔵庫からもう1パック取り出すと、納豆をぐちゃぐちゃにかき混ぜた。

それから私のオマンコにネバネバの納豆を無理矢理押し込んできた。

それじゃ、挿れるよ

けんと君は押し込まれた納豆をかき分けるように、ペニスをオマンコに挿入してきた。

けんと君は笑みを浮かべると、激しくピストン運動を繰り返した。

ペニスでオマンコを突かれるたび、納豆がどんどん奥に入っていくのが分かった。

後で全部取り除けるだろうかと思いながら、納豆のネバネバがオマンコに擦れて気持ちよかった。

ああん!気持ちいい!

私はあまりの気持ちよさに思わずあえぎ声をあげた。

けんと君のペニスに潰れた納豆が付着しているのが見えた。

もう出る!

けんと君は叫び、私のオマンコにたっぷりと精液を出してきた。

最高に気持ちよかったよ

けんと君はそう言いながら、精液塗れの納豆をオマンコに擦り付けてきた。

あなたにおすすめの記事