私は出会い系サイトで知り合ったやまと君に会うためにお好み焼き屋を訪れた。

やまと君はお好み焼き屋を経営しているらしく、ペニスをお好み焼きに見立てて青海苔やかつお節を振りかけてもらってフェラされるのに憧れているようだった。

その憧れを実現させるために、イククルに登録したらしい。

私は単純にセックスがしたくて男性を求めてイククルに登録した。
赤ちゃんみたいに夢中でおっぱいを吸われて母性本能が開花しちゃいました
プロフィールにお好み焼きに見立てたペニスをフェラしてくれる女性募集してますと記載していたやまと君に興味を持ち、メッセージを送ったのだ。

それがきっかけでやまと君とはメッセージをやりとりする仲になった。

そうして頻繁にやりとりを交わしていると、やまと君から俺のペニスをフェラしてくれないかとメッセージが来た。

もちろん私はすぐに了承し、やまと君が経営するお好み焼き屋を訪れることになったのだ。

ドアを開けて中に入ると、イケメンの男性がテーブル席に坐っているのが見えた。

やまと君だね

そうだ。早速だけど、エッチなことしようか

うん、やろうか

私は笑顔で頷いた。

私とやまと君は服を脱いで全裸になった。

それからやまと君は厨房の奥からソースと青海苔とかつお節を持ってきた。

早速、フェラからしてもらおうか

やまと君はそう言いながら、自分のペニスにたっぷりとソースをかけてから、青海苔とかつお節をパラパラとかけた。

私は美味そうな匂いを発するペニスを咥え込んだ。

ペニスを咥えた瞬間、口の中にお好み焼きの味が広がった。

私はお好み焼きの風味を感じながら、ゆっくりと頭を動かしてフェラを始めた。

ペニスを咥えているというより、棒状にしたお好み焼きを咥えているような感覚だった。

ああ、気持ちよすぎてもう出そうだ!

やまと君は私の頭を掴むと、口内にたっぷりと精液を出した。

うん、美味しい

私はお好み焼きの風味とともにごくんと精液を飲み込んだ。

やまと君は私のオマンコにたっぷりとソースをかけ、青海苔とかつお節もかけてお好み焼きに見立てた。

やまと君は鼻息を荒くしながら、ペニスを私のオマンコに挿入した。

それじゃ、動くぞ

やまと君は激しくピストン運動を繰り返した。

ペニスで激しく突かれるたび、お好み焼きに見立てたオマンコがくちゅくちゅと卑猥な音を奏でた。

結合部から愛液とソースが垂れ流れるのが見えた。

やまと君はピストン運動を繰り返しながら、私の乳房にもソースをかけてしゃぶりついてきた。

赤ちゃんみたいに夢中で乳首を吸ってくる。

中に出すぞ!

やまと君は言いながら、オマンコに大量の精液を出した。

めっちゃ気持ちよかった

やまと君はニッコリと微笑みと、ソースと青海苔とかつお節が混ざった愛液をペロリと舐めた。

ランキング
あなたにおすすめの記事