午後1時。待ち合わせの時間だ。

少し周囲を見回したが、それらしい子はいない。

もしかしてサクラ?と思いそうになった瞬間、後ろから

すみません、利彦さんですか?

と訊かれた。

この内気そうな可愛い子が彩花?写真よりも大人しそうな感じだ。

はい、利彦です。彩花さん?

はい!

彩花はニコッと笑った。

か、可愛い...。

彩花とは既にLINEでも話をしていたが、僕らはセフレとして出会った。

とは言え、お茶ぐらいしないのも味気ないものだ。

まずは二人で駅前の喫茶店に寄っていき、いろいろと談笑した。

そして僕らはいよいよホテルへと向かった。

ベッドに腰かけた僕らは、お互いのシャツを脱がせあった。

ブラジャー越しに、形の良い胸が見える。

恥ずかしいわ...

そう言う彩花の口を、キスして無理やり黙らせた。
寸止めしたらもっと、と懇願された→無責任中だしセックス最高
彩花は僕の舌に、彼女の舌を自然と絡ませてきた。

お互いの舌がチロチロと絡み合う。

その間、僕は彩花のブラジャーのホックをはずし、彩花の乳首を指で弾いては摘まみ、弾いては摘まみ、を繰り返した。

うんっ!ぅうっ!ぁあぁぁ...

彩花は感じたのか、唇から吐息を漏らした。

彩花。君とやりたいよ!

僕は彩花を押し倒して、スカートをまくりあげると、無理矢理パンティを下ろした。

だ!ダメよ、利彦!シャワーを浴びさせて!!」

ダメだ!せっかくの彩花の匂いが消えちゃうじゃないか!!

僕は露になった彩花のクリトリスを舌先で舐めると、彩花の身体はエビのように大きくビクッ!ビクッ!と跳ねた。

そして僕は愛液でしっぽりと濡れた彩花の蜜壷に、僕の熱く固く大きくなった肉棒を、ズポズポと埋めていった。

ああっ!あぁっ!

彩花が感動の叫び声を上げた。

僕はその声に呼応して、腰を振り始めた。

クチュ!クチュ!クチュ!クチュッ!!

彩花の蜜壷からいやらしい音が響く。

彩花の身体は、全身が汗で艶かしく光っていた。

僕はそのエロい乳房を力を込めて揉んだ。

うっ!気持ちいい!来てっ!

彩花がいやらしい声を上げる。

僕は少し微笑んで、

お、あ、ず、け、だよ

と言ってピストンを止めた。

彩花は涙を流しながら、

ダメよ!続けて!!

と懇願してきた。

僕はフフッと笑うと、さっき以上に激しく腰を振った。

ヌチャ!クチャ!ヌチャ!ヌチャッ!!

彩花の蜜壷からは、ますますエロい液体が溢れてきた。

もうダメ!行こう!一緒に行こう!!

僕ももうダメだよ!行くよ!行く!出るっ!!

僕は2週間ガマンした大量のザーメンを、彩花の膣奥へと送り込んだ。

彩花はオーガズムでビクビク震えている。

大人しい顔してエロい女だ。

僕は彩花を離さない。

ランキング
あなたにおすすめの記事