エッチしたい女性が多いらしいと聞くワクワクメール。

ここに登録しておけば一般女性と遊べるらしい。

加えて若い女性が多いらしいとも聞いている。

若い女性は真面目な交際を求める傾向があると思うけど、最近はそうでもないらしいのだ。

そこで俺はというと、風俗では楽しめない親密感を得ようと出会い系に挑戦。

若い子希望で待っていたらついに俺にもチャンスが訪れた。

その子はどういう子かというと、ギャルでもなく清楚系の20代。聞くと、ネット環境を整えて性関係の仕事もしてるとかで。。

最近の若い女のこというのはすごいものだと思った。
清楚系の20代と節約カーセックスが最高だった
じゃあいいよね。

俺は待てずに衝動に従う。エッチがしたい。ただそれだけだった。

うん。。いいよ。でもお、優しくね。

アダルトな雰囲気を漂わせて応える女の子に可愛さを感じる。

優しくするよ。もちろん。。

肩を抱き優しく抱き寄せていく。

小さな肩が少し震えているようにも見える。プルプルというように。その肩を抱きしめキス。

首筋にキスをしていくと小さな吐息を吐いた。そのとき、ここがまだ車の中であることに俺は気が付いてしまう。

ここでもいいよね。。

うん、いいけど。。

カーセックスという狭い部屋のなかで俺たちはまじあうことに。

ああ、彼女のふくよかすぎる唇、柔らかくて気持ちがいい。

それに、愛らしい瞳で俺のことを優しく見つめている。その姿はまるで子供のようだ。

ああ、可愛い。チュウとおでこにキスをしてみる。

まるで子供のように可愛く食べてしまいたいくらいだ。

でも俺はそんな愛らしい彼女に大人の関係を結びたいと思った。胸元から手を入れた。

おっぱい膨らみ。。あったかい。ふわふわしてて。

はあん。いい反応を示し俺はあそこが準備できてきた。早く入れたいと強引に足を開いた。

そこは綺麗に濡れていて、適度で気持ち良さそう。

入れていい?

うん。

若い彼女の足を大きく開かせて、ぐいっと押し込んだ。

思っているほど深くは入り込まないので、両足を持ってさらに深く挿入させて見た。

思いの外小さなワギナで、サイズの相性はイマイチというところ。

あっああああ。

彼女の方も相当きついのか声をあげている。

出し入れしながら快楽を与えた。

あっん。もうダメ。。

限界がきているのだろう。彼女はひとりでいってしまえたようだった。

大丈夫?

うん

そう言って俺も時間差で果てる。目の前に彼女の穴があり、そこから白い液が流れていく。

それを見ているとまたさっきと同じように、挿入してみたくなる。

カーセックスはホテル代もいらないしリアルでとにかく良い。

ランキング
あなたにおすすめの記事