次はクンニ。

イッた後で敏感になっているので、無意識に刺激から逃れようとしてしまうのですが、そんな私の身体はAさんに挟み込まれて動けなくされ、刺激を与え続けられます。

あっ、やだやだっ、、!変になっちゃいそう、、ううっ、、あっ!?ひゃあんっ!!

クンニから、いきなりの指挿入。

ゆっくり抜き差しされているだけなのに、自分の愛液が漏れてはシーツを濡らしていくのを感じます。

ミオさん、、、いやらしい。こんなになって、、すごく溢れてるよ。かわいいね。

Aさんの抜き差しの速度が上がっていき、激しさを増していきます。

きゃあっ!ぁあー!!あーーー!!

室内にいやらしい水音が響き渡って、私は豪快に潮を吹いてしまっていました。

はぁはぁ、、ハァッ!むうっ!!うっうーん。

酸素を求めて口呼吸になっている私の唇がAさんの舌でねっとり塞がれ、もう快感以外の感覚はありません。

頭の先から爪先まで、快感に支配されている感じです。

こんなに刺激を与えられてこねまわされた私のアソコは、もうAさんに挿れてもらいたくてたまりません。

と言うか、もうそれ以外考えられなくなっていて、気づけば「挿れてください、、!!」と懇願していました。

どれだけ快感を重ねても、女性の身体って、やはり男性を受け入れることでしか終着を迎えることはできないんじゃないかと思います。

本能的に私もAさんを求めてしまったようです。

私の膝をすくい上げ、下の入り口を天井に向けると、一気に上から突き刺して入ってきたAさん。

ううっ、、、ぁああーー!!

瞬間重みのある快感が、下腹部から胸の方までドーンと突き上がってきました。

次ページへ続きます

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事