私はリカ。出版関係の会社で営業アシスタントをしています。

あるプロジェクトのメンバーだったので、残業続きで、休日出勤もあったので、友人たちと約束することも出来なくなってしまいました。

仕事にやりがいを感じていたものの、職場と自分の部屋との往復のみの毎日でした。

ところが、突然、発売予定の雑誌が発売延期となり、プロジェクトチームも一旦解散となってしまいました。

ぽっかり空いてしまった休日、洗濯して掃除してもありあまる時間。

でも、急に連絡をして会える恋人も友人もいませんでした。

寂しくなって、なんとなく、出会い系サイトに登録しました。

すると、トオルさんからすぐに連絡がきました。

映画と音楽とおいしいものが好きと共通点が多かったので、すぐに意気投合して、会う約束をしました。

イケボに言葉攻めされるといいなりになっちゃう件

待ち合わせたのは、リーズナブルで、おいしいと評判の焼き鳥屋さん。

おいしくお酒と料理を楽しみました。程よく酔いが回ったところで、外へ出ました。

お店の外で、ふいにキスをされました。

耳元でトオルさんが「行こうか」と言ったので、私はうなずきました。

ラブホ街のシンプルで清潔そうな部屋を選んで、チェックインします。

トオルさんはベットに座って「おいで」と言いました。

ベットの上で舌を絡めた濃厚なキス。体の芯がじわっとするのを感じました。

トオルさんは手早く、でも優しく私の服を脱がせていきます。

キスはやがて胸へと移動し、私のアソコへと移動しました。

ぴちゃぴちゃとHな音が部屋中に響いています。

もう、こんなに濡らしちゃって。リカはエッチだな。」と言われました。

クリを攻めながら、指も入ってきました。最初は1本だったのに、2本になり、中をトントンしたり、かき混ぜたり。私はあまりの気持ちよさにイってしまいました。

フェラして」とトオルさん。

私はトオルさんにも気持ちよくなって欲しくて、フェラをしました。トオルさんも「気持ちいいよ」と言ってくれました。

まずは正常位で挿入。さんざん私の中を突いたところで、一旦抜いて、私を上にしました。

リカが自分で挿れて」とトオルさん。

初めてなのに、自分で挿れちゃうの?」と言いましたが、私が腰を落とすと、するっと入りました。

自分で挿れてるリカの顔がエロくていいよ。

こんな会話が自然に出来ちゃうのも出会い系だからです。

本命だったら、嫌われちゃうかも?と思って言えないからです。

上になると当たりが違うので、さらに気持ちよくなりました。

勝手に腰が動いてしまいます。私は久しぶりのHでしたが、快感は体が覚えていました。

やがて、快感の波が来て、私はイキました。

私がイったのを確認して、トオルさんは体位を変えて、正常位にして、トオルさんも絶頂を迎えました。

して欲しいことをハッキリ言えるのが、オフパコのいいところだと思います。

ランキング
あなたにおすすめの記事