俺は出会い系サイトで知り合ったかごめちゃんに会うために駅前を訪れた。

かごめちゃんはかき氷が大好きで毎日のように食べていた時に、かき氷の蜜をかけてセックスしたらどうなるだろうと思ったらしい。

蜜プレイからのパイズリ無責任中だし

一度そう思ったらやりたくてたまらなくなり、かき氷の蜜をかけられてもいい男性を求めてワクワクメールに登録したようだった。

俺は女性とセックスがしたくてワクワクメールに登録した。

誰か良さそうな女性はいないかと探していると、プロフィールにかき氷の蜜をかけられてもいい男性募集中と記載していたかごめちゃんに興味を抱き、メッセージを送ったのだ。

このメッセージがきっかけでかごめちゃんとは頻繁にやりとりを交わすようになった。

そうして何度か憧れのプレイについて語り合っていると、かごめちゃんからセックスしてみないとメッセージが送られてきた。

ようやく女性とセックスできると喜んだ俺はすぐに了承し、駅前で待ち合わせることになったのだ。

どんな子だろうかと思いながら待っていると、可愛らしい容姿の女性が駅前にやってくるのが見えた。

かごめちゃんかな?

そうだよ。それじゃ、早速だけど、私の家に行こうか

うん、行こうか

かごめちゃんは俺の手を握ると、鼻歌を歌いながら歩き出した。

家に着くと、かごめちゃんは冷蔵庫から数種類のかき氷の蜜を取り出して俺に渡した。

それからかごめちゃんは服を脱いで全裸になった。

俺も服を脱いで全裸になると、数種類のかき氷の蜜を手に取った。

えっとどうしようかな。風呂場でする?

うん、その方がいいかもしれないね

俺の言葉に頷くと、かごめちゃんは風呂場に向かった。

俺も後に続いた。

浴室に入ると、かごめちゃんはタイルに仰向けに寝転がった。

それじゃ、かき氷の蜜をいっぱいかけてね

俺は頷くと、イチゴ味の蜜をかごめちゃんの乳房にかけた。

お腹にもたっぷりとかける。

髪の毛と顔にはレモン味の蜜をかけて、両腕と両足にはメロン味の蜜をたっぷりとかける。

かき氷の蜜を置くと、両手で蜜を広げてかごめちゃんの体全体に塗っていく。

甘ったるい匂いが鼻腔をついた。

体がベタベタして気持ちいい

嬉しそうに微笑むかごめちゃんの乳首を口に含んだ。

その瞬間、口の中にイチゴ味が広がった。

舌を伸ばして何度も乳房を舐めた。

かごめちゃんは気持ちよさそうに身悶える。

この乳房でパイズリしてほしいな

いいよ。してあげる

俺は笑みを浮かべると、ペニスを乳房の間に突っ込んだ。

かごめちゃんは乳房を両側から押してパイズリを始める。

乳房に付着したイチゴ味の蜜がペニスにまとわりついて気持ちよかった。

かごめちゃんはパイズリしながら、顔をあげて舌を伸ばして亀頭をペロリと舐めてくれた。

丁寧に亀頭を舐めた後、ペニスを咥え込んでフェラも始めた。

パイズリとフェラのダブルパンチは想像以上に気持ちがよく、瞬く間に快感が押し寄せてきた。

で、出る!

俺は射精し、かごめちゃんの可愛い顔に大量の精液がかかった。

ふふっ、いっぱい出た

かごめちゃんは笑顔を浮かべながら、顔にかかった精液をペロリと舐めた。

かごめちゃんは浴槽の縁に両手をかけると、ぷりっとして可愛らしいお尻をこちらに向けた。

俺はかごめちゃんのオマンコにペニスを挿入すると、ゆっくりとピストン運動を始めた。

ピストン運動を繰り返しながら、俺はレモン味の蜜を背中やお尻にたっぷりとかけていく。

ペニスで激しくオマンコを突きながら、片手でレモン味の蜜を塗りまくった。

ああん!気持ちいいよ!もっと突いて!

かごめちゃんはあえぎ声をあげた。

俺はかごめちゃんの望み通りに、激しくピストン運動を繰り返した。

オマンコからはくちゅくちゅと卑猥な音が響いている。

かごめちゃん、中に出していい?

いいよ!いっぱい出してね!

俺はかごめちゃんのオマンコにたっぷりと精液を吐き出した。

ふぅー、最高に気持ちよかったよ

かごめちゃんは笑うと、オマンコから垂れた精液を掬い取って乳房に擦り付けた。

あなたにおすすめの記事