俺が十代後半から二十代後半の男だったら。

エッチでゴージャスな女との出会い

"実は出会い系夫婦の俺たち、新婚1年め、俺たち再婚組、嫁も俺もバツ2を得てのゴールインだ。

友人らはすでに周知しているし、何の弊害もない俺たち夫婦、ただ一点問題を抱えている。

それは、離婚の原因になりやすい夫婦の性問題。

嫁はエッチ大好き女で、毎日のように求めてくる。

セックス以外にもオナニー行為が好きらしく毎日しているようだし、とにかくエッチなことが好き。

俺はというと淡白な方で、ロマンテイストな性格。

エッチよりもロマンを求めている。

たとえば、リビングで夫婦ともにくつろいでいると妻はとにかくエッチな気分になりたいようです、脱いできたり、フェラしようとしたり。。俺は、もっとこうプラトニックラブ、ロマンを追い求めている。

容姿はロマンティックでいいのに、ビジュアルに騙された。

ねえ、タカヒコ、早く脱いでよ。

まだ昼だよ?

別にいいじゃん。

。。。

りかはリビングで服を脱ぎだした。

ハリのいい胸、セクシーな下着、見栄えが良くて、ゴージャスな体。

これに俺騙されたんだ。

いや、妻が騙したわけじゃない。

俺が自分を騙したんだ。

はあ。。。妻の体はセクシーで、豪華、貧弱よりもずっといい。

でも、見てる分にはいいけどな。

あなた、どうしたの?早くうう。

すでに脱いで俺を待っている。

昨日もすい取られてすっきり、まだ溜まっておらず立たない。

俺が十代後半から二十代後半の男であればいくらでもできるというのに。。妻が欲しがるたびに、俺は無能感がよぎる。

なあ、お前浮気してもいいからな。

何言ってるの。。そんな会話も頻繁にある。

ついに妻は不倫した。

相手は俺の部下だったが、内心ホッとしていた。

妻を寝取られて普通じゃないことくらいわかる。

でも、俺は妻の性欲には答えられないから。。二人はこの家で寝たらしい。

もしも俺が現場を目撃していても、見逃しただろう。。妻は俺がこの件を知っていることを知らないし、言うつもりはない。

毎晩のように求められているので、妻を抱いてやる。

他の男のものが入ったあそこでも俺は構わない。

あっん、ねえあなたいいわ。

もっと舐めて。

妻は俺の顔の上に跨りながら俺に舐めさせている。

女の花びらを一枚ずつ舐めると、大声でよがり、隣に聞こえるようだった。

ああ、ああ、すごいわ。あなたいいの。

もっと。腰を懸命に振り乱している。

それはまるで。。ゴージャスな女と結婚してしまうと生活がつらいぜ。

やっぱり結婚相手は貧弱でも地味な女がいいに決まっている。"

あなたにおすすめの記事