彼女は俺の上で股を広げてみせたがる。

出会い系でできた彼女との公園デビューと露出エッチ

"一応エンジニアについている俺、仕事は過酷というよりもシフトが過酷で自宅に帰れない時も多い。

既婚者でも普通に徹夜、残業がある業界。

給料は安いし、キャバクラにも通えない。

そこで、妻には内緒で出会い系で女を漁っていた。

そこで彼女ができて何度かデート、ホテルへといったことも。

それからも付き合いがあって、呼び出されて公園でエッチとかも経験してしまう。

公園に呼び出された俺は、「人が見ているかもしれないからやめよう」と提案。

大丈夫。見られた方が燃える」という彼女に言い切られて自然の多い公園へと向かった。

直後、彼女は俺を木の前に立たせたままであそこをいじり始める。

デニムのジッパーの上からさわさわと撫でたと思えば、少し強めの力でニギニギしてくる。

うわあ、マッサージされているようなレベルの快感が襲う。

そこで呆然としていると、あれをいつの間にか取り出して口へ運んでいた。

ちょっと、待って。」と口では言いながらも俺は気持ちよくて、あー幸せと思っていた。

かなり興奮している彼女、お尻を振りながらふんふんと言っている。

痛いの好き?」そう言いながら俺のあそこをぐいぐいとつかんでいるのだ。

ぐいぐい、ぎゅうぎゅう。

違う、好きじゃ、ない。。」あまりの感覚でうまく答えられないでいると目の前に大きな尻が。。

ねえ、いれていいのよ」とフリフリしながら尻を突きつけてくる。

うわあ。入れてええ。

そう思ったと同時にすでに挿入していた。

ブチブチ。。。打ち込んだという感じで彼女をバックから犯した。

気持ちよさそうに喘ぎ、腰を振る彼女、たまんなくてグフウとついた途端に、あっあああん。

とエロい声を上げた。

それは聞いたことのないエロい女の声。

彼女は背をそらして快楽に驚いている。

ぐっぐっと押し込んでピストンしてやると、いつもは気丈な彼女があっはあん、とシナを作りながらよがる。

俺は出し入れしながら彼女の声でもういきそうだ。

ああ、グプグプと音を鳴らしてあっあああと叫んでいた。

あまりにもエロくて野生の本能を取り戻したのか、俺は彼女のあそこをしきりに舐めた。

ホテルのベットで舐めるよりもずーと快感に思える。

彼女は俺の上で股を広げてあそこをパックリと露呈させ、両手を地面に置いて甘い表情で喘いでいる。

うわあ、エロい。

自然の中で開放的になる彼女の顔はエロかった。

スクッと態勢を取り戻して俺の息子を舐めた。もう我慢できなくてううと一度彼女の顔に射精した。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事