口に含んだ彼のペニスがむくむくさらに大きくなった。

OLの出会いが恋愛とセックスに発展

"中小企業に勤めるミカコ。

短大を卒業してからは一度も転職せずに同じ出版社に勤めている。

出会いはなく、合コンもいまひとつの毎日。

仕事があるだけいいけれど、退屈な日々。

それだ、出会い系サイトで男探しをしていたら、いい感じの男に出会った。

祐くんという名前の彼は、顔は80、身長、学歴ともに普通のクラス。

彼でいいかと即断で会って、食事へ。

何が好き?口に合う?って毎回聞いてくれるところが優しくて好きになった。

デートは毎度ホテルで。

ホテルのレストランで食事を楽しんだ後に、彼に誘われて、肩を組まれながら2人は部屋へ移動。いよいよ部屋に。

こんなかっこいい人と一晩をともにするなんて。。。彼との初体験は本当にドキドキしていた。

胸に手を当ててみると、ドキドキと鼓動が早くなっている。

早速シャワーを浴びて、ベットへ。

いきなり?押し倒してバックに。それまでの紳士ぶりとは豹変して、野獣化している。

着衣セックス。彼は着衣のままでセックスする気だった。

社会人としての正装のままで、ベットの上で彼の膝に誘導されたとき、何かが体に当たっている、彼は、普通にしているけど、私には気になった。ちょっといやだなあって。。そんな気持ちさえ軽々と飛び越えて、彼のものがぐいぐいとあそこに押し付けられていく。

いやあ。。声に出てしまった。

彼はと。彼の顔をみると、平然としている。セックスに対しての羞恥心がないみたい。。。胸に手が伸び、あそこにも手が。。指先での愛撫に感じてしまう。

あっ。。「顔が赤いよ?感じてるの?」まるで慣れない男の子のようにつぶやく彼。

その頃はもう感じてしまって、余裕がなかった。あそこが自分のものではないように濡れている。

じゅわじゅわと彼の指の音が耳に聞こえてくる。

あっ。あっ。絶頂にはいかない、中程度の快楽がずーとつずいている。

もっと次の段階の快楽が欲しいの。。私は彼のズボンのあそこに手をかけた。

彼も、きたな。。というような表情でかわしている。

すぐに彼のあそこを取り出した。

思っていたよりもきれい、美しいという印象のあそこ。

すぐに口に運んだ。太くて硬い。そして形もまるでバナナを口にするようにいい形。

口に含んだ彼のあそこがむくむくさらに大きくなった。

凄い。。そう思いながら見ていたら、彼のあそこの先から何かが放出された。出ちゃった。。彼はつぶやいた。

可愛い男かも。

そう思うと、一度きりのデートでは終わらせたくなかった。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事