部屋に入りテレビを見ながらエッチなムードになってエッチを始めた。

PCMAXの看護婦は、家で僕を気持ち良くさせてくれた

"僕は、出会い系サイトの「PCMAX」の利用が好きな男性です。

何人かの女性と知り合い、エッチをした事もあります。

最近エッチした相手は、「看護婦」で22歳の美人でした。

名前は、「アケミ」と言い積極的でエッチも上手かったです。

ぜひ、看護婦と体験した話を聞いて下さい。

積極的な看護婦いつものように、PCMAXの掲示板に会いたいメッセージを書いていると1人の女性からメールが届きます。

初めまして、看護婦をしているアケミと言います。ケンジさんのプロフなどを見て、会いたいと思いメールしました。良かったら、私と遊んでくれませんか?メール待ってまーす。」と、僕に会いたいと伝えて来たアケミさん。

もちろん断る理由なく、チャンスと思った僕は、メールを送り交流して行きます。

アケミさん、ありがとう。僕うれしいです。看護婦してるみたいだけど、白衣のナース好きです。会いたいです。」と、簡単なメッセージです。

すると、アケミさんは、積極的にアプローチしてきました。

ケンジさん、会おうよ。今日の夜でもいいよ。私ヒマだし、食事したいな

アケミさん、夜会おうよ。じゃあ場所決めたいからラインで続けよう

ラインをしながら僕は、待ち合わせをして会う事になります。

家で本性を現す看護婦、夜待ち合せ場所に、いるとアケミさんはやって来ました。

花柄のワンピースを着ていて、白のパンストが看護婦ぽいです。

顔は、芸能人で言うと女優の鈴木杏樹さんと似ている感じです。

挨拶を交わし、僕とアケミさんは近くの居酒屋で食事をしました。

お酒を飲みながら、少しずつ距離が縮まりエロな会話もしたものです。

店出たら、ケンジさんの家行きたいな

アケミさんは、積極的に家へ行きたいと言ってきました。

1人暮らしをしている僕は、もちろん「OK」で車で行く事に。

アパートの部屋へ入り、テレビを見ながらエッチなムードになります。

僕は、アケミさんにキスをすると、手でアソコを触ってきました。

硬くなっているアソコを揉みながら、舌を絡ませるアケミさん。

アケミさんのオッパイを揉むと、息が荒くなり感じ始めます。

洋服を脱がすと、アケミさんは黒のブラジャーに黒のパンツを履いています。

ブラジャーを取り、少し黒い乳首を舐めると「アン アン」と、感度は敏感です。

パンツを下ろすと、黒い毛とアソコが登場します。

クリトリスを弄ると、アケミさんは大きな声を出します。

穴に指を入れて出し入れすると、「ハアーン アーン アーン」小さく腰を動かしているようです「舐めてよ

僕は、アケミさんの口へ性器を突き出します。

舌と口、そして喉まで咥えて舐めてくれるアケミさん「上手い。気持ちいい」アケミさんは、舐めるのが好きなようだ。

イク前に、口から抜きコンドームを嵌めると、アソコへ一心不乱に腰を動かし、抱き合う2人「アーン アーン アーン」「ハア ハア ハア」「イクッ」アケミさんの声に、僕もイってしまいました。

すぐに、回復した僕は、2回目のエッチを騎乗位、バックなどで楽しんだものです。

エッチ後、2人はベッドの上で朝までイチャイチャしてスッキリしました。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事