なんだよ、濡れてるじゃん

というと

だって、こんなの初めてだから興奮しちゃったんだもん

とハニカミながら言いました。

そのまま指マンをすると、身体をよじりながら感じているようで、クリと中の同時責めでミワは昇天しました。

なんだよ、勝手にイクなよ

と言って破れたストッキングとショーツを下ろし、わざと音を立ててクンニをしてやると「ダメダメ、洗ってないよ」と言いながらこちらの頭を離そうとしましたが、ガッチリ、ミワの股間に吸い続けると抵抗は収まり、快感に身を委ねているようでした。

自分はクンニが好きなので、かなり長時間舐め続けると「ダメ、またいっちゃう」と言ってミワは二度目の絶頂に達しました。

今まで、こんなに舐められた事ないし、舐められていった事ないよ

とミワは言いました。

でも、舐めたことはあるでしょ?

と言って硬くなった肉棒をミワの顔の前に突き出すと「うん」と言って竿を握り、チロチロと先端を舐め始めました。

こちらから指示しなくても、手で扱きながら愛おしく竿全体を舐め回し、脳天がトロけるような気持ちよさでした。

してもいい?

と聞くと

うん、いいよ

と言うので、コンドームをつけて正常位で挿入しました。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事