と、ショーツを脱がせ、激しく指マンをするとユキは大きな身体をくねらせながら、全身で快感を享受しているようでした。

Gスポットらしき所を探り当てると、一段と反応が良くなり、そこを責め続けると潮こそ吹かなかったものの、大量の愛液でビショビショになりながらユキは果てました。

まだまだ、出来そうだな。どうせ普段はイッてもイッても弄り続けてるんだろ

と再び指マンをすると

ひああああっ!

と言いながらまた感じ始めました。

いいぞ、何度でもイケよ!

と激しく指マンをすると、あっという間にユキは二度目の絶頂を迎えました。

その頃にはすっかり股間がビンビンになったので、ズボンとパンツを脱いでイキリ立ったモノをユキの鼻先に突き出し

これが欲しかったんだろう、このエロデカ女がぁ

と言って口にねじ込むとユキは夢中で舌を使ってしゃぶってきました。

久しぶりだろ、しっかり味わえよ

とイラマ気味に腰を動かすと、ユキは必死に応じました。

しばらくユキの口の中の感触を楽しみ、ユキの目の前でゴムを装着して「さあ、楽しませてもらうぞ」と言うとユキは無言で頷きました。

次ページへ続きます

あなたにおすすめの記事