私の性癖と合致する女性を探していました。

私の性癖と合致する女性を探していました。

"私は30代の自営業の男ですが性癖が少し変わっており、目隠しプレイなどの変態プレイが大好物で、出会い系ではもっぱら私の性癖と合致する女性を探していました。

出会い系サイトではハッピーメールを利用していたのですが、そこでは完全にヤリ目的であり女性側もヤリ目的を了承してくれそうな人とメッセージを交換する様にしていました。

そしてメッセージを送りあっていた女性の中でヒトミという女性とライン交換をしてコミュニケーションを取り合っていたのですが、どうやらこのヒトミという女性もかなり異常性癖らしく私と同じような理由で出会い系サイトを利用したそうなのです。

これはいける」と踏んだ私は実際に会ってみませんかと連絡をとり、ヒトミの方も私の興味があったらしくすんありOKを貰う事ができました。

そしていよいよ出会う当日の朝待ち合わせの場所に行ってみると、連絡を受けていた用紙や服装と合致している女性を発見しました。

そこには20代後半と思しきスタイル抜群のダイナマイトボディをした女性が立っており、顔も芸能人の内田有紀似でとてもタイプでした。

はじめまして」とヒトミに挨拶すると「はじめまして、宜しくお願いします」と可愛い声で返事がありました。

私は心の中でガッツポーズをして、どのような変態プレイを展開していこうかと思案するようになっていました。

いきなりホテルへ赴くのはさすがに失礼なので、軽く食事をしながら談笑して緊張をほぐしていきました。

ただ、どうみても目の前にいるヒトミが変態には思えませんでしたが、ここまでくればヤルしかないと腹をくくっていました。

そして食事を済ませた後遂にラブホテルへと向かったのですが、このラブホテルも通常とは変わっており木馬などが置いてある部屋を借りることにしました。

部屋に入って軽くビールを飲みながら緊張をほぐそうとしていると、明らかにヒトミが女の表情へと変わっています。

私は瞳を引き寄せて軽くキスをしました。

するとヒトミは上目遣いの目で「ねぇもっと激しくして」と甘い声で囁いてきました。

私はヒトミの唇をむさぼるようにディープキスというよりもベロンベロンと嘗め回すと、ヒトミは「んんっー」と可愛い喘ぎ声を出しました。

いよいよヒトミの服を脱がしお互い全裸になり愛撫を開始しました。

ヒトミの恥部を嘗め回すのですが、私は変態プレイが好きですので満足しません。

ヒトミを私の顔面の上に載せて、ヒトミのアナルを舐め回しました。

ヒトミはアナルを舐められた事が無いのか「きゃぁぁぁ」と悲鳴に近い声を出していました。

それでもまだ普通の愛撫では満足しない私はアナルビーズをヒトミのアナルへと挿入し、同時にバイブで瞳の恥部を責めました。

ヒトミは「うぐぅぅぅんっっ」という声にならない喘ぎ声を出しており、それが私を興奮させます。

同時に私のペニスをフェラさせましたが、ここでも性癖が爆発してしまいました。

実は1週間分ほどのチンカスをためており、それを掃除させるようにフェラさせたのです。

ヒトミはアナルにアナルビーズを入れられ、恥部にはバイブ、口には溜まったチンカスペニスをフェラしており穴という穴を犯されていました。

そして遂に挿入するのですが、ヒトミに目隠しをさせてプレイしました。

ヒトミに挿入すると今までにない大きな喘ぎ声で「あぁん」叫び腰を振っていました。

ここでもヒトミの首を絞めたり、尻を叩いたりするのです。

ヒトミは尻を叩かれるのが好きでパンパンと思いっ切りバックの状態で尻を叩いてやると「気持ちぃぃぃぃぃ」と声にならない声を出していました。

最後は顔射でフィニッシュしお掃除フェラをさせたのですが、ここまで私が変態だったとは思わなかったらしく、ヒトミとはこれっきり連絡を取れなくなってしまいました。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事