今も月に一度は出会い系で連絡し合い激しいSEXをしている。

今も月に一度は出会い系で連絡し合い激しいSEXをしている。

"今までで1番出会えているサイトがPCMAX。

やりたい女が世の中にはたくさんいるんだなと実感します。

今回出会ったのはマリ。

滋賀に住む31歳の独身女性だった。

きっかけはマリからのメッセージ。

プロフィール見てきになりました」。よければ仲良くなりませんか」というものだった。

俺は三重に住んでいるので「じゃ、三重の彼氏ということで」と冗談まじりで返すとマリからは「嬉しい」と返答がきました。

たわいもないメッセージのやりとりをサイトで交わし、ライン交換。

そして写メ交換もしてみた。

正直かわいい笑

写真を見たとたんに会いたくなった俺は、急遽滋賀行きを決意。

今日行こうかな」とラインを入れる。

するとマリは一瞬戸惑いながらも「私も会いたい」と返事をくれた。

待ち合わせの場所を決め、車を走らせる。

やはり三重から滋賀は少し遠い。

そして、待ち合わせ場所に。

これでドタキャンだったら笑えるなと思いながらも、「あと少しだよ」というマリからのラインが来る。

そして、待つこと5分。

女神が現れた。

写真で見るより断然かわいい。

車に乗ってもらい早速手を繋ぐ。

めっちゃ会いたかった」関西弁がより可愛く見せる。

平静を装いながらも俺の息子はすでに爆発寸前に。

とりあえずコンビニでチョコでも買い2人で食べる。

これでSEXの準備は万端だ。

ちょっとイチャイチャしよっか」と冗談まじりでいうとマリは恥ずかしげに頷いた。

この瞬間大好きです!!

滋賀が地元のマリは「あっちにあるよ」とホテルの場所を案内してくれた。

駐車場に着くと、即座にマリにキスをした。

もちろん舌を絡ませて。

「クチュクチュ」と音を立てながら1分ほど続けたところで「中に行こうか」とホテルへと入った。

部屋は赤を基調とした綺麗な部屋で、ソファーに腰掛け再びキスをする。

ちょっと強引に押し倒すように。。

んっ」というマリの吐息が漏れる。

それから上の服を脱がせると、綺麗なおっぱいが見えた。

綺麗だね」というと照れた表情をうかべながら、「舐めて」と呟いた。

優しく、強く、緩急を交えながらおっぱいを舐める。

乳首を甘噛みすると「あんっ」という声が漏れる。

俺は正直舌遣いに自信があるので、満足してもらえたようだ。

そして俺は「次はマリが責めて」と言い、服をすべて脱いだ。

そそり立ったちんちんをマリは咥える。

気持ちいい‥」思わず声を出してしまった。

マリはクスッと笑い、いじめるようにちんちんを舐め回す。

こんな気持ちのいいフェラは初めてだった。

さらに「乳首もいじって」と注文。

ちんちんと乳首を同時に責められることはメチャメチャ気持ちいいんです。

やったことない方はぜひ笑

エロいね」と笑いながら両方責められると、俺は体をビクビクさせた。

もう我慢ができなくなってきたので、ベッドへとマリを倒しクンニで舐めまくる。

あ、だめーーー、気持ちいいーー」と叫びながらマリのマンコからは愛液が溢れ出る。

そこから指を二本突っ込みマンコをかき回す。

ヤバイ、ヤバイ」と叫ぶマリの制止を聞かず続けるとたまらずマリは潮をふいた。

その間もしっかりちんちんを握り、しごいていてくれたのがこの女の魅力だ。

挿れるよ」とゴムをはめようとすると、マリは「ピル飲んでるから生でいいよ」と言う。

幸福の絶頂だ。

じゃ、そのまま挿れるよ」と愛液まみれのマンコに挿入する。

初めは正常位からスタートだ。ヌルヌルのおマンコは気持ちよすぎる。

ぐちゅぐちゅだね」と笑うと「いっぱいいじめたから」と照れるマリ。

そこから座位、騎乗位、バックと突きまくる。

あん、あん、あん」「イク、イク、イク」とホテルの部屋にマリの声が響き渡る挿入したままお互いの乳首をはじめ、あらゆる場所を舐め合う。

獣になったような感覚がSEXの1番の喜びだ。

もっと、もっと」とねだるマリ。この女は最高にエロい。

ちんちんを強く、弱く、時には回すようにマンコを責めるといい声をあげる。

そして、いよいよこちらも限界がきた。

あ、もうイクよ」と言うと、「うん、いっぱいおまんこに精子ちょうだい」と呟く。

びゅ、びゅ、びゅっとマリのおまんこに俺の精子が注ぎ込まれた。

あ、イッた」と言い、ちんちんを抜こうとするとマリはグッとカラダを掴み、「もう少しこのままで」とトロンとした目で俺を見た。

まじ惚れてしまう。

さすがに小さくなってきたところで、ちんちんを抜くとそれを手に取り綺麗に舐めてくれた。

またしよう」そう言って別れたマリとは、今も月に一度は激しいSEXをしている。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事