狭いというよりも締めが良くてぺ〇スが締め付けられてしまう。

狭いというよりも締めが良くてぺ〇スが締め付けられてしまう。

"俺はクラブに出入りしている女を抱くことが多いけど、出会い系も利用したことがあった。
女の好みでいうと、クラブにはいないタイプの女がいることが目的。
たとえば、ロリータ系とか、未亡人、ひと妻、OL、とか色々。
中でも、普通の子と出会えると超ラッキー。
そんな女が過去にいた。
名前はまゆみだったかな。
まゆみちゃんっていい歳だけど、普通すぎて10人なみの容姿とファッションだった。
そこで俺は、街を出歩くときに俺好みのファッションスタイルに変わるようにとリクエストしたんだ。

ギャルっぽいセクシーな服装にしてといえば、素直に聞き入れて従うところが気に入っていた。
網タイツ、ショートパンツ、ブーツ、ワンピース、キャミソール、セミロング以上に巻き髪というような俺にとっての普通のファッションでホテルに行くっていうパターンだった。
もちろん彼女はエッチもノーマルだから俺が仕込んではいろいろな方法を教えてやった。
楽しんでいるように見えたよ。
別れたときにはフェラもうまくなっていたし、出会った時よりも男とのセックスにもオナニーにも慣れていた。

当初は言わないだけで、キスしてもクンニしても反応が薄かったからおそらく、彼女はバージンだったんだろうと思う。
血は出ていなかったけど、よがることもなく、ビクビク体が反応していたし、生娘だった。
クンニすると顔を歪めて「はあはあ、はあはあ」時々「あっん」とよがる。
そこでバイブを当ててやると一気にいってしまった。
ぽっちゃりしているわけでもないのに、ぽっちゃりした下半身、生々しいあそこに萌えた。

いくよ」そう言いながら俺は両脚を無理やりに開いて、入れた。
クウウウ」気持ちいい。
狭いというよりも締めが良くてアレが締め付けられてしまう。
だめだ、もういきそう。。
一度外だしでドピュと出してから再度ゴムをつけ直して挿入し直した。
一度入れたあそこは俺のものの形に見事に広がっている。
そこに感動を覚えて俺は再度ゆっくりと挿入した。一度目の感覚よりも感動は薄い。
やっぱり時間をおいてする方がいい。
思い出しても濡れてくるくらいあのこのあそこはエッチだった。
綺麗、成熟されている、締まり具合がいい、濡れやすい、色々とあるものの、すべての要素を満たしているあそこを持つ女だった。
俺はあの子の事を忘れられず、再度連絡を取ろうとしたけど、無理だった。
10人抱いたら一人くらいの確率で出会うか否かという女の子だった。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事