出会い系でやり取りしていたのがこんな素敵な人だった。

出会い系でやり取りしていたのがこんな素敵な人だった。

"黒いパーカーを着て待っていますと連絡があったけど、あの背の高い人が和樹くんかな?と思って見ていると、
あの、莉子さんですか?
と、低くてとてもかっこいい声が印象的な人で、やり取りしていたのがこんな素敵な人だったなんてと驚きました。

そうです、よろしくお願いします
じゃあとりあえず行こっか
はい
手でも繋ぐ?

そんな和樹の一言に少し胸がキュンとしてしまって、恥ずかしいけど、手を繋ぎホテルへと向かいました。
交わす言葉は少ないけど、これからの事を想像すると、すでに下着は濡れていました。

ホテルへ着くとさっきまで優しかった和樹くんはいきなり激しくキスをしてきました。
舌が絡んで息が荒くなり、服を乱暴に脱がせようとしてきました。

シャワー浴びたいです…
ダメ、我慢できない

そう言って私をベッドまで運び、下着のホックを外すと「可愛い」と言って丁寧にぴちゃぴちゃ音を立てながら舐め始めました。

さっき会ったばかりの人にこんな恥ずかしい事をされているなんて、すごく興奮してより敏感に感じてしまいました。

莉子はオモチャ使ったことある?
そう言って和樹くんは、ホテルにあったローターを手に取り、私の胸に当ててきました。
思わず小さな悲鳴をあげてしまって、「あれ?使ったことないの?」とオモチャの経験がないことがバレてしまいました。

じゃあここにも当てたら大変なことになっちゃうね
と、和樹くんはそのローターをパンツの上からそっと当ててきました。
あまりの気持ちよさにびっくりして、大きな声が出ちゃいました。

そんなに気持ちいいの?じゃあこんなことしたらどう?
と、パンツの中にローターを入れて、一番敏感なところに当ててきました。
ダメ、おかしくなっちゃう…
いいよ、もっと可愛い声聞かせて
そう言いながら、和樹くんは長い指を中へと入れてきました。

あっイッちゃう!
私はあまりの気持ちよさにすぐにイッてしまいました。

ダメだよ莉子、お仕置きしなくちゃね
和樹くんは自分の硬くなったものに私の手を持っていきました。

和樹くんのそれはすごく大きくなっていてドキドキしました。
舐めてごらん?
はい…
和樹くんのはすごく大きくて咥えるのもやっとでしたが、とても興奮しました。

莉子上手、気持ちいい」と褒めてくれたので、頑張って喉の奥に当たるまで咥えてみると、「あ、やばい」と言って、口の中に暖かいものが広がりました。
驚いた私は飲み込んでしまって、「莉子エッチだね」と頭を撫でてくれました。

じゃあ次は莉子をもっと気持ちよくさせてあげる
と言ってベッドサイドに立たされて、長い指で中をぐちゃぐちゃに掻き回されました。
あっヤバい…和樹くん…
私はあっという間に潮を吹いてしまい、またイッてしまいました。
そのまますぐに立ちバックの状態で和樹くんの硬いものが入ってきて、何度も奥に当たり、気持ちよさのあまり足がガクガクしました。

莉子…気持ちいい?
うんっ…またイッちゃう…
俺も…一緒にいこ?

そう言って激しく突かれて、私がイッた瞬間、中に和樹くんの熱いものが広がって太ももに垂れていくのがわかりました。

こんなに激しくて刺激的な体験初めてで、また会おうねと約束しました。
素敵な出会いと体験ができて、よかったです。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事