毎日たくさんの男の子からメールが来るようになりました。

毎日たくさんの男の子からメールが来るようになりました。

"私が出会い系に登録してみたのは24歳の時です。

彼氏が欲しい!とか遊びたい!とかじゃなくて興味本位でした。

というかその時彼氏はいたのですが、周りの友達がたまに出会い系で男の子と会って遊んでいたりしてた事もあり、面白いのかな??と興味本位でやってみた感じです。

登録すると毎日たくさんの男の子からメールが来るのは割といい気分でした。

なかにはすぐに会おう!とガッツいてきたりとか、明らかにヤリ目的の人もいましたが、私はそういうのを求めてなかったので、ただ色んな男の子がいるな?と思って閲覧してました。

そこでふと、ある男の子が目に止まりました。年は20歳の大学生です。童顔でまだ高校生くらいに見えます。

ずっと男子校で育ってきた上に大学は男ばかりで出会いが全然なく、奥手っぽかったのですが、その初々しさが可愛く思いました。

私の事も「綺麗なお姉さんですね」とか、「今日もお仕事お疲れ様です!ゆっくり休んで下さい」と気遣ってくれるので嬉しかったです。

一か月ほどメッセしていたある日、「自分はあまりにも女の人に免疫がないのでこれからが不安だ」と彼が言うのを聞いて、そのウブさに興味を持った私は「じゃあ私と会ってみる?」と会う約束をしました。

彼は一人暮らしをしていたのですが、とりあえずその近くのファミレスで会う事にしました。

会ってみると確かにオシャレでもなくちょっと野暮ったいけど顔は結構かわいいです。

会ってくれて嬉しいです」と言ってくれたのも好印象でした。

そこからお茶しながら色々話して…。

彼は付き合った事がなくて前に好きだった女にもフラれてなかなか先に進めないそうです。

そんな話をする彼は初々しくて更に可愛かったです。

しばらくして、彼が今面白いゲームにハマっているというので私も彼の家にゲームをしに行く事になりました。

この時私は全く警戒心がありませんでした。

一緒にゲームをしているうちに盛り上がり、そのうち「次に負けた方は買った方の言うことを聞く」という流れになりました。

そして気がつけばゲームをする二人の距離は近くなっており…。

その次のゲームで買ったのは彼でした。

彼は私の体をジロジロと見つめて、恥ずかしそうに「もしよかったら…おっぱい触りたいです」と言いました。

私は驚きましたが、この時既に距離が近くなっていた事や彼の奥手さが可愛く感じた事もあり、「ちょっとならいいよ」と言いました。

彼は嬉しそうに「ありがとうございます。めくってもいいですか?」と言って私のニットとお気に入りのレースのブラジャーをめくり上げました。

実は私はFカップで巨乳なので、その瞬間ブルン!とおっぱいは嫌らしく揺れて剥き出しになりました。

彼は「すごい…」と言って嬉しそうに両手で揉んだり乳首をつねったり夢中になってました。

そうしてるうちに今度は顔が近づいてきて…「舐めてもいいですか?」と聞かれ、私は「うん、少しなら」と恥ずかしそうに言いました。

答えるとすぐに彼は激しく乳首に吸い付いてきて、舌を動かしたりもう片方のおっぱいを指でこねくり回したりし始めました。

さすがに私もどんどん感じてきてしまいます。乳首はビンビンに立っていましたしアソコも濡れてきていました。

彼はしばらく嬉しそうに夢中でおっぱいをむさぼっていましたが、次の瞬間スッと私のパンティの中に手を入れてきました。

私は「あっ!そこはダメ!」と言いましたが、既にずぶ濡れで感じているのはバレバレです。

彼は手を止めず私のアソコを触ったり指を入れたり刺激し続けました。

私はもう我慢できず喘ぎ声が出てしまっていました。

そんなのが数10分ほど続いたでしょうか?彼は「エッチしてもいいですか?」と言いました。

私の体はすっかり出来上がっていて断れるはずもなく、むしろ早く入れてという気持ちで首をコクンとふりました。

童貞なので入れるまでは少しぎこちなかったですが、トロトロになった私のアソコは彼をすんなり受け入れました。

ゴムがなかったので生で入れちゃいましたが、彼は「あぁっ!やべー!気持ち良すぎる…」とうっとりしていました。

私もどんどん気持ち良くなって、上に乗って激しく腰を振っていました。

すると5分程で彼はイッてしまいました。中で出ちゃいましたが安全日だったので大丈夫かなと思いました。

彼はすごく感激していて、その後も盛り上がり5回くらいエッチしちゃいました。

童貞なのでテクニックはまだまだですが、若さ故のパワーは凄かったです。

彼のおちんちんが気に入っちゃったので、それからもたまに会ってエッチする関係が続いてます。

もちろん付き合っている彼氏には内緒です。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事