俺も自分とセックスしてくれる女性を求めて出会い系へ。

俺も自分とセックスしてくれる女性を求めて出会い系へ。

"俺は空き地で出会い系サイトで知り合ったさなえちゃんを待っていた。

時刻は深夜の一時過ぎだった。

さなえちゃんはエッチなことが大好きらしく、自分とセックスしてくれる男性を求めてワクワクメールという出会い系サイトに登録したようだった。

俺も自分とセックスしてくれる女性を求めてワクワクメールに登録した。

目的が似ていたこともあり、さなえちゃんとは話が盛り上がった。

何度かやりとりを交わすうちに、さなえちゃんには露出癖があることが分かった。

全裸の上にロングコートを羽織って深夜に出歩くことに快感を覚えるようだった。

さなえちゃんがかなりの変態だと分かり、俺はセックスしてみないかとメッセージを送ってみた。

するとすぐにさなえちゃんからオーケーの返事がもらえ、深夜の空き地で待ち合わせすることになったのだ。

辺りを見回しながら待っていると、ロングコートを羽織った女性が空き地に入ってくるのが見えた。

さなえちゃん?

ええ、そうよ

さなえちゃんはそう言うと、ロングコートの前を開いた。

その下には何も身につけておらず、全裸だった。

それじゃ、始めようか

ええ

俺の言葉にさなえちゃんは頷いた。

さなえちゃんのオマンコはすでにぐしょぐしょに濡れていた。

オマンコから垂れ流れた愛液が太ももに一本の筋を作っている。

俺はさなえちゃんの太ももの筋をなぞるように愛液を舐めていく。

下から上へと舐めていき、オマンコにたどり着いた。

オマンコに舌を入れてめちゃくちゃにかき回した。

オマンコからどんどん愛液が溢れ出てくる。

溢れる愛液をたっぷりと吸った後、今度は指をオマンコに入れた。

んんっ

さなえちゃんは気持ちよさそうにあえぎ声を上げた。

その声を聞きながら、指を何度も出し入れした。

くちゅくちゅとイヤらしい音が響いた。

ダメ、イク!

さなえちゃんは潮を吹いた。

大量の愛液が飛び散り、地面を濡らした。

はぁはぁ……次は私が気持ちよくさせてあげるわ

さなえちゃんは俺のズボンとパンツを脱がすと、ペニスを咥え込んでフェラを始めた。

頭を激しく動かし、ペニスを刺激してくる。

舌でペニス全体を念入りに舐められた。

出すよ!

俺はさなえちゃんの口内に精液を吐き出した。

ごくん……すごく美味しいわ

さなえちゃんは精液を飲み込んで笑った。

さなえちゃんは地面に両手を突くと、四つん這いになった。

俺はさなえちゃんのお尻を撫で回しながら、ペニスをオマンコに挿入した。

ゆっくりと腰を動かし、オマンコの奥を突いた。

徐々に腰の動きを速め、ペニスでオマンコの奥を突きまくった。

ああん!すごくいいわ!

さなえちゃんはあえぎ、もっと突いてと言わんばかりに激しく腰を振った。

勢いをつけてピストンを繰り返し、オマンコを刺激していく。

オマンコを激しく突きまくり、俺はさなえちゃんに中出しした。

ペニスを抜くと、オマンコから精液が溢れ出てきた。

とっても気持ちよかったわ

さなえちゃんは微笑むと、溢れた精液をオマンコの内側に擦りつけた。"

ランキング
あなたにおすすめの記事