彼女は腰をはなさずゴムを着けない女性。

彼女は腰をはなさずゴムを着けない女性。

"出会い系で「ティア」という女の子をゲットした
名前だけで日本人だろうと思ってたら東南アジア系みたいな女の子でビックリ
言葉でも簡単すぎるやり取りで会うことが出来たが、直接会うとイマイチ言葉が伝わらない

歳はいくつだ?写真入れのカードを見せられると21だった
黒髪で目が大きくナイスバディで当たりだ、なんとかエッチにもっていきたい
片言で「なんか買って」と言うのでいろいろ買ってあげたら機嫌はとれるだろう

手を引っぱられブティックへ、ガガっと服を漁ってる、これもこれもとアクセサリーも鷲づかみ
高級店じゃなくてよかったが紙袋を大量に持つことになった
ハァハァいいつつ車に積む、「アリガトウ」とキスしてくれた、調子がいいが機嫌がいいようだ

ご飯は「ここ」と有名店へ、まぁ高かったが喜んで口に運んでいた
しかし食べ過ぎてちょっと気分が悪くなったようだ
それからしばらくドライブをすることに

横目で見て本当にいいボディしてる、無防備で薄着でノーブラだ、体をさすり感触を楽しんだ
よくなってきたよ」よかった、えっティアちゃん僕の手をはなさない「もっと、いいよ
車を止めて優しく彼女の体をなでまわした、「ふぅんっんふっ」と声がもれる、感じてるようだ

服の中に手を入れ大きな乳房を愛撫、僕を見ながら「はあぁっあっあっ」と喘いでいる
スカートの下のパンティーに触れた、ちょっと湿ってる「んっんぅっうぅんっ」可愛い声だ
彼女も僕の股間へ手をのばしさやしく撫でてくれた
いい?」「いいよ」ニコッと微笑みながらOKしてくれた、ここで初めてキスをした

ホテルはエスニックな感じの所をチョイス、ティアちゃんなんかテンション上がってはじゃいでた
お部屋は天蓋付きベットを、彼女は「うわぁ」と目を輝かせて眺めてる
そして僕を見つめ「よろしく」「うん、よろしく」またキス

シャワーで互いの体を流した、愛撫も同時に、ティアちゃん何度も唇を求めてきた
ベットへ戻り股間を強めにいじってあげると大きく股を開いてびくんびくんのけぞった
いい?」「うん、スキ」抱きついてキス

挿入「おぉっんはあーーーーーーーっ」ナイスボディーが弓なりになる
「スキッスキッ」涙をにじませながら抱きついてキス、僕も「好きだよ」と舌を入れた
久しぶりに我を忘れて腰を叩きつけると「あぁーーーーーっあぁっあぁっあぁーーーーーっ」と悲鳴をあげる

もうっもうっ」切なそうな顔でこちらを見るので「いいよっ」彼女はビクンビクンとのけぞりいってしまった
僕は上に乗りパイズリでティアちゃんの顔を汚すと、涙をうかべて「よかった、よかった」と言った

また、あう?」「会いたいな」ちょっと間があり「かってくれる?」「いいよぉ」嬉しそうに抱きついてきた
とりあえず念をおして「僕だけだよ、いっぱい買ってあげるから」「うん、うん、わかった、あなただけ

それから彼女は僕の上にまたがり大きな胸を揺らしながら躍動感あふれる腰づかいで僕を喜ばせてくれた
んんーーーっすごいぃっすごいよぉぉーーーーっ」乳房をぶるんぶるん振り回して喘いでいた
でるっ」「うんっ」彼女は腰をはなさずゴムを着けないでそのまま僕の精を受け止めた

ヒクヒクしてる性器を指でいじりながら「いいの?」「いいよ」ニッコリ微笑んだ
日本人にはない魅力があるティアを離したくない、僕はそう思った"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事