人妻の彼女は私の男根に挿入をうながしてきました。

人妻の彼女は私の男根に挿入をうながしてきました。

"私は40代のしがないサラリーマンです。

妻との夫婦生活はとうの昔になくなっていたので、数年前から出会い系サイトで遊び相手を探しては不倫をしています。

2年ほど前、私より何歳か年上のアラフィフ人妻とサイトで知り合いました。

私もセックスに飢えているとはいえ、最初は紳士的に何回か食事だけのデートを重ね、4回目のデートで彼女をホテルに誘いました。

仮に彼女をSさんとしましょう。

Sさんは最初は貞淑な感じを装っていましたが、下半身に手を伸ばすと、そこはしっとりと湿っており、やさしくなでると愛液があふれ出してきました。

でも私はすぐには挿入せず、性器をやさしくなぞるように何度も何度も愛撫しました。

するとSさんはガクガクと震えだし「きもちいい」と連呼。

荒い吐息を吐きながら腰を私の手に押し付けるように動かしてきました。

そして何秒かのち「ああっ」という短い悲鳴のような声を上げてイッてしまいました。

私の右手は愛液でビショビショになっていました。

お楽しみはその後です。

私は再び愛撫をはじめ、口から乳首、おまんこ、そして足の先までなめ回しました。

その時点で彼女の性器は再びビショビショの状態になり、その手は私の男根をまさぐって挿入をうながしてきました。

私はいきなり入れずに亀頭で性器のふちをなぞってじらしながら、次の瞬間に一気に奥深くまで挿入しました。

Sさんは今度は最初のひと突きでまた「ああっ」といってイッてしまいました。

私よりも年上の女性なのに、処女のような性器の締め付けごこちでした。

私はさらにピストンを続けました。

すると次から次へと愛液があふれ出し、私の男根は白く泡立った液体でいやらしくヌルヌル、テカテカになりました。

私は一応、最初のセックスでは射精をする時には相手がだれであれコンドームをつけることにしています。

あくまで紳士として(笑)。

しかし私がゴムをつけようとすると、Sさんが「私もう生理がないの。だから妊娠しないから、お願い、思い切り中に出して」と言うではありませんか。

そう言われてしまっては、中出ししないわけにはいきません。

私は生のまま徐々にピストンのスピードを上げ、ついに彼女が「もうダメ、気が狂っちゃう。お願い中に出して」と言った次の瞬間、白濁液をSさんの膣の中に大量に放出しました。

Sさんは気を失ったかのように白眼をむいて、おまんこをひくひくさせて動きません。

私はその瞬間、ニヤリとしました。

いい獲物を手にしたと。

これから何度でも、どこででも精子をおまんこの中にぶちまけられる。

アラフィフ相手の不倫も悪くないと思いました。
"

ランキング
あなたにおすすめの記事