人妻とのエッチは格別である。

人妻とのエッチは格別である。

"嫁とはレスで抱く気持ちもなく女を求めて出会い系サイトを利用します。

嫁をだけ、なんていう妻帯者がいますけど、同居している嫁なんて抱けないものですよ。

自分で理由も把握できているし、ここでいうこともないのですが、嫁はもう女ではなくて人間扱いになっています。

家族になったという証拠だから、抱く女は別に求めたいんですよね。

やっぱり若いこと恋人気分でエッチが一番。

はるかは、綺麗な女だった。もう見るからに抱きたいという体をしている。

赤いパンティを引きずり下ろす時は白い肌に映えていた。

そう手間をかけなくても、いきなり挿入してる。

ああああ」と絹も裂くような声をあげる女、無理やり犯す感じが好み。

レイプは犯罪だけど、同意の上でいきなり挿入しても犯罪ではない。

気に入った女には香水をプレセントする。

その香りを見にまといながら抱かれろという意味で。

もちろん俺が欲情する香り限定だけど。。。

ムラムラする香りは上品ではいけない、甘くないと。

香水を女のショーツにつけてやると、濡れた時に甘い蜜の香りと混ざってよりエロくなる。

いまいち疲れてたたないという時には、甘い香水と甘い愛液の混ざる香りを嗅ぐと、一気に元気になる。

いやん」そう喘ぐ女は実に女らしく魅力的だショーツを下げると香水のほのかな香りが秘部にうつっている。

秘部から出る熱い吐息がその甘い香りを部屋じゅうに拡散させているのだ。

シャワーから戻ると部屋じゅうにいやらしい君の匂いが残されているよとささやくと、余計に女は悶えるらしい。

俺のパッツンパッツンに膨れたあそこを見ている女、女さえも自分の視線に気がついてはいない。

まるで、そんな大きなもの、無理よとでも言うように注視していた。

ところが女は急に俺の下半身に飛びついてきた。

下着から元気なあれを取り出して、握り、しゃぶり始めている。

ううう」声にならない声が出る。

我慢汁も少し漏れている。女は俺の我慢汁に気がついてぺろと舐めた。

こいつ、男になれてる。

女が欲しくて仕方がないというように、ペニスをしゃぶる。

しゃぶり出してからしばらく、満足したようで、「ねえ、入れて」とささやく。

平常心を装いながらも相当辛いらしい。

俺は赤いマンコを手で広げながらも一気にぶち込んだ。

あん、、、」快楽の声とともに女はベットにうなだれる。

四つん這いの格好で尻を突き出したままで。

なんていう格好なのだろう、プライドの高い女とやるには気持ちいい。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事