巨乳の彼女で風俗のお姉さんより断然良い女性でした。

巨乳の彼女で風俗のお姉さんより断然良い女性でした。

"僕は一流企業に務める会社員です。

同年代の中でも出世は早くエリート扱いされています。

これだけ聞くとモテそうに思うかもしれませんが、女性と話すのは得意ではなく、いわゆる草食系男子で、恋人はいません。

女性とデートはしたことありますが、会話が続かず、気まずい思いをしました。

しかし、僕も男なので、性欲はあります。お金には困ってないので、風俗を利用したことはありますが、少し飽きてしまいました。

経験豊富であっても、プロ以外の女性と経験したいと思い、出会い系に登録してみました。

最初は明らかに業者のようなメッセージしか来ませんでしたが、務めている会社のイニシャルを書いて、デート代は僕が出す旨を書くと何通か着信がありました。

中には年上の人も居て、悪くないとは思いましたが、自分より少し若い22歳の女子大生を選びました。

約束の日、駅まで車で迎えに行くと、写真で送られてきていた通りの肩を露出したニットに黒のスキニーを着た女性が居たので、クラクションを慣すと、すぐにこちらに向って来ました。

髪は肩まで自然な感じの茶髪、少しサバサバしてそうに見えるけど、それなりに美人で胸はDくらいのやや巨乳で、風俗のプロより断然良い女性でした。

彼女『サイトの人だよね?

僕 『そうだよ。乗って

しばらくドライブをしながら話しをしました。

僕 『僕でがっかりした?

彼女『ううん、全然、そっちは?

僕 『可愛くて嬉しいよ

彼女『お世辞どうも

やはりサバザバした性格のようです。

どこ行こうか?』と聞きましたが、『ホテルじゃなくて良いの?』と言われ、即ホテルに行くことになりました。

部屋に入ると『シャワー先に入って、後から行くから』と言われ、入ってる間に金を取って逃げるかもと思い、渋っていると『もしかして、お金取って逃げるとか警戒してる?じゃあ、一緒に入ろうか』と言われ、一緒にバスルームに行きました。

彼女は筈かしげもなく、服を脱いで全裸になり、バランスの良く形の整った胸、括れのある腰に見蕩れてしまいました。

彼女は僕の体を洗いながら時々、舌で舐めて来て、風俗嬢よりずっと気持ち良かったです。

シャワーから出てベッドに行くと彼女から、こう言われました。

彼女『あんまり経験ないでしょ?

僕 『え?いや・・・

彼女『バレバレだよ。リードした方が良いよね?

僕 『うん・・・

年下の彼女に図星を突かれ、少しショックでしたが、リード出来ないのは事実なので、任せることにしました。

彼女は僕の膝に乗ると、首に腕を絡めて、舌を出して濃厚なキスをしてきて、体を密着させて胸を押当てられました。

慣れた様子ではありましたが、風俗ほど淡々としてなくて、興奮しました。

彼女は勃起した僕のペニスをアソコに挿入し、ゆっくりと腰を動かし始めます。

彼女『うぅ・・・ん・・・

僕 『あ・・・

彼女『気持ち良い・・・?

僕 『もちろん・・・

彼女『もっと・・気持ちよくなろう・・・

そう言って、彼女は僕の手を胸に誘いました。

揉むと弾力のある感触が最高に気持ちよく、何度も使っている風俗嬢にはない感触でした。

彼女に顔を胸に当てられたので、胸を舐めると彼女は最高にエロい声をだしました。

そして彼女が腰の動きをどんどん激しくして、イヤラシイ声をあげてる間に、僕はフィニッシュしてしまいました。

最後は彼女にフェラで綺麗にしてもらい、僕は彼女のアソコに指入れをして、彼女をフィニッシュさせました。

意外と彼女は僕を気に入ってくれて、その後も関係を持っています。

もう風俗には戻れません。"

ランキング
あなたにおすすめの記事