出会い系で出会った男は初老の男性。

出会い系で出会った男は初老の男性。

"わたしは若い頃ちょっと荒れていた。

というか遊んでいた。

家庭環境も複雑で親は再婚していたし、居場所はないように感じていた。

だから、出会い系でよく人肌を求めたり、愚痴をいう相手を探したりして憂さ晴らしの日々だった。

荒んだ生活に変化が起きたのはある冬の日のことだった。

出会い系で知り合ったある男との縁で、生活は一転してしまう。

出会い系で出会った男は初老の男性で、おかしいな騙されたと気がついた。

でも初老の男は口を聞いて、わたしをある場所に連れていくという。

そして高級車に乗って連れて行かれた先は、大きなお屋敷だった。

それは相当に古くて大きな木造家屋敷であった。

そして、お屋敷の中には大勢の使用人達が待ち構えていた。

「お待ちしていました。こちらへどうぞ」というように案内された先は控え部屋のようだった。

そこには、数人の女性が待機されていいる。

「これはなんの真似ですか?」「あら、あなた知らずにここまで来たの?」そういう会話をしながら、時間が来た。

一人ずつどうぞ、中へ。そう言われて自分の番になり部屋に入る。

すると、そこにはベットが一台と医師がまっていた。

医師はベットに仰向けになって待つようにと指示した。

そのようにしていると、医師が服の裾をまくり、あそこへ手を入れて来た。

痛いっ!秘部を弄る手に驚いて声を上げた。

この子は生娘のようだ。そういう声がして、ことは終わった。

なんだろう。。と待機してるいると、自分の名前が呼ばれた。

これはテストで屋敷の奥さんを決めるための試練だと聞かされた。

屋敷の奥さん?旦那様は屋敷の奥にいるという。

どんな方なのか、興味はあった。

そしてついに屋敷の奥で対面した男性と結ばれた。

いや、無理やり結ばれたという方が正しい。

旦那さんは使用人からは旦那さまと呼ばれており、慕われている。

でも人前には顔を見せず、引きこもりらしい。

多忙ということもあり、奥方が見つからないということで、寄せ集めて決めたそうだ。

旦那さんは夜になると私を呼び出した。何かと思えば、慰めろという。

ベットに横たわる旦那さまの上にまたがるように指示された。

そしてあそこを揉んだり舐めたりして大きくしてから上から入れるようにとのこと。

こんな恥ずかしいこと。。

徐々に快楽にかわるから、そう言われたように、快楽へ変わるのに時間はかからなかった。

自分からあれを加え、腰を振る。

言われたようにして、旦那さまを慰めるという日々。

毎晩のように寝入る前に呼び出されているので、寝不足がちに。。。

毎晩のように抱かれいるけど、心も体も前よりは満たされている。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事