結婚を控えている子ばかりで余計惨めになります。

結婚を控えている子ばかりで余計惨めになります。

"私は雪と言います。25歳のOLです。

学生時代から5年間付き合っていた彼氏がいたのですが、なんと浮気が発覚し別れてしまいました。

私は結婚も意識していたので、悲しいやら悔しいやらでしばらく何もする気が起きませんでした。

友達に愚痴りたくても周りは彼氏とラブラブだったり結婚を控えている子ばかりで余計惨めになります。

誰も私の気を晴らしてくれる人はいません。

そんな事があり、私は初めて出会い系にてをだしました。

とにかく辛くてやりきれなかったですし、誰かに話を聞いて欲しかったのと、私だっていい女だ!と認めてくれる人が欲しかったのです。

だって、顔はそこそこ可愛いと言われますし身嗜みにも気を遣っていて、仕事もまぁできるし料理だって得意だし。

そんな訳で登録したワクワクメールですが、すぐに沢山の人からメッセージが来て嬉しかったです。

プロフを充実させて写真も載せると、更にメッセージは増え気分が良かったです。

気晴らしに何人かとメッセージをしたのですが、その中に同じ大学出身の人がいたので特に親近感を持ちました。

彼は健という名前で年は28歳。

細身でオシャレな雰囲気のまぁまぁイケメンでした。

話もよく聞いてくれるし、意気投合した私は一度会うことになり、仕事帰りに会う事になりました。

家が近かったので彼は車で迎えに来てくれました。

実際に会った彼は写真と同じような爽やかなイケメンでエスコートも得意でした。

とりあえず食事をしに行きましたが、話も盛り上がり楽しかったです。

その後、せっかくなので夜景を見に行こうという話になったのですが、そのスポットは元カレとよく来ていた場所だったので私はついつい思い出して涙が出てきてしまいました。

彼は驚きましたが、落ち着いて話を聞いてくれた後私を抱きしめました。私もついつい身を任せてしまいました。

すると彼は急にキスをしてきました。

そのまま舌を入れてきて…激しいディープキスでした。

すごくキスになれている感じがしましたが、気持ち良くてされるがままになっていました。

すると彼は「後ろに行こう」と後部座席に私を連れていきました。

そのまままた抱きしめられ、今度は服の中に手を入れてブラを外してきました。

更に服をずらされて…。私はGカップなのですが、おっぱいは丸出しです。

彼は「すごい…大きいね」と言って一気にむしゃぶりついてきました。

あんっ!」私はついつい声が出ました。

おっぱいが感じやすいのですが、彼は片手で乳首をクリクリと刺激してもう片方の乳首をレロレロといやらしく舐めて、ずっと責め続けました。

外は暗く人気も少なかったですが、もし誰かに見られたらと思うと恥ずかしかったのですが、そのシチュエーションが更に私も燃えさせて、どんどん感じてしまいました。

彼は「気持ち良かったらどんどん声出していいんだよ」と言って、今度はパンティの中に手を入れてきました。

もうその頃にはビショビショになっていましたが、彼はそれを確認すると手を指の中に入れてGスポットを刺激してきました。

ああああーん!」と私は叫んでイッてしまいました。

彼は「イキやすいんだね。でもまだまだだよ」と言って更に手マンを続けました。

もう慣れすぎてぐったりしているのに、更に追い討ちをかけるように彼は今度はクンニを始めました。

私はまた何度もイカされて叫ぶしかありませんでした。

しかし、その愛撫は続くものの、彼は一向に挿入してきませんでした。

私は限界までイカされて、一刻も早く挿れてほしくなっているのに…。

その様子に気づいた彼はニヤニヤしながら「これからどうする?」と言いました。

なんて意地悪なんでしょう。

恥ずかしくてモジモジしていると、「ごめんねこんな場所で。もう帰ろうか」と言うのです。

私は我慢ができる訳もなく「早く挿れて!」と言いました。

すると彼は「え?何?何をいれて欲しいの?」と聞いてきます。

私は気がつけば「おちんちんを挿れて下さい!」と叫んでいました。

それを聞くと彼は勝ち誇ったように笑いながら、一気に彼のモノを挿入してきました。

彼のモノは大きくて、もうすごく気持ち良くて挿れた瞬間また行きました。

あ?すごい絞まってる」と彼も気持ちよさそうでした。

絶頂に達した私は生で挿入してるのも忘れて、「あ?っ!来て?!」と叫ぶと同時に彼は私の中に熱いモノを一気に放出しました。

カーセックスなんて初めてなのに、出会ったばかりの男性と、しかも生の中出しセックスをしてしまって…。

もしかしたら誰かに見られてたかもしれないのに…。

しかしそんな理性も飛ぶほど、興奮して気持ちいい体験でした。"

  オフパコできる 出会い系ランキングTOP5

Twitterでフォローしよう

あなたにおすすめの記事